交通事故の解決を弁護士に依頼するメリットとデメリットとは?

弁護士に依頼するメリットとは?

交通事故の問題解決には、わからないことばかりで不安なことや面倒な手続きや交渉などあり、被害者本人にとって大きな負担となります。

しかし、弁護士に依頼することで大きなメリットを得ることができます。
交通事故の被害者の不安やストレスを軽減してくれ、解決までサポートしてくれる強い味方となります。

  • 賠償金の増額が期待できる
  • 的確なアドバイスがもらえる
  • 後遺障害認定の申請のサポート

メリット①賠償金の増額が期待できる

交通事故の被害者のみなさんが一番気になるところは、支払われる賠償金額ではないでしょうか?

加害者が任意保険に加入している場合、保険会社は裁判所基準より低い加害者が加入する任意保険会社の基準で示談金額を提示するので、保険会社に言われるがままに示談をしてしまうと、もしかしたら不利益なことがあります。

その点、弁護士に依頼することで裁判所基準に示談交渉を行ってくれますので、賠償金の増額が期待でき示談交渉などの面倒な交渉を任せることができます。

メリット②的確なアドバイスがもらえる

どこの病院に通院したらいいのかや健康保険を使用した方がいいのか、保険会社との対応の仕方などの的確なアドバイスを受けることができ、解決までどんな風に進めていけばいいのか分からなくて不安などの被害者が抱える不安な問題解決までをサポートしてくれますので、精神的な支えになってくれ被害者は精神的負担やストレスから解放されます。

メリット③後遺障害認定の申請のサポート

交通事故によって後遺症として症状が残ってしまった場合に、その賠償金請求のため『後遺障害認定』を受けますが、後遺障害認定の申請は、書面審査で行われるため症状をきちんと証明することがポイントとなります。

しかし、保険会社の担当者が誰でも後遺症の専門知識を持っているわけではありませんので、幅広い知識のある弁護士のサポートが重要となり、申請を保険会社には任せず弁護士のサポート・アドバイスを受けることで、有利な書面を揃えることができ申請することができます。

弁護士に依頼するデメリットとは?

問題解決を弁護士に依頼する際には、デメリットもあります。
依頼する前にしっかりチェックしていきましょう。

  • 依頼には費用がかかる
  • 面倒な弁護士選び

デメリット①依頼には費用がかかる

交通事故の解決を依頼して一番、心配になるのはやはり『弁護士費用』ですね。

最近の任意保険には、弁護士費用特約が付いている保険が多いようですが、弁護士費用特約に加入している場合と加入していない場合では被害者の負担分が変わってきますので、ご自身の保険内容を一度確認してみてください。

弁護士費用特約に加入していない場合

弁護士費用特約に加入していない場合、弁護士費用は依頼した被害者本人が支払わなくてはなりませんので負担になってしまいます。弁護士によって費用の基準は異なり、支払い方法は一般的に依頼時に手付金を支払い示談が成立した後に成功報酬を支払います。事務所によっては、最初の手付金なしで成功報酬制というところもあるようです。

弁護士費用特約に加入している場合

任意保険の弁護士費用特約に加入している場合は、法律相談料を『通常10万円』、弁護士費用を『通常300万円』まで保険会社が負担してくれますので、費用の心配なく弁護士に解決を依頼することができ、被害者本人や被害者の同居の家族などが入っている任意保険に付いていれば、弁護士費用特約を使用することができます。

知らないと損!?任意保険の『弁護士費用特約』とは?

デメリット②面倒な弁護士選び

弁護士だからといって、誰でもいいというわけではありません。
弁護士のなかでも得意・不得意がありますので、交通事故解決に慣れていない弁護士に依頼した場合、結果に大きく差が出てしまう場合がありますので交通事故問題が得意な弁護士に依頼しましょう!

交通事故に強い弁護士探しのコツはこちらから↓

失敗しない⁉︎交通事故に強い弁護士の選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です