交通事故による発症度が高い腰痛を徹底解説

交通事故による腰痛は甘く見ないほうがいいです!

交通事故により発症した腰痛は外部からの衝撃により脊髄骨盤が歪んで発症しますが、精神的なストレスによって発症する場合があります。すぐに腰痛の施術をせずにしていると、日常での生活やお仕事等に大きく影響してきます。痛みを和らげるため、無意識に楽な体制になることにより、背骨や他の箇所に過度の負担を書けることで脊髄骨盤がより歪んでしまい、症状を悪化させてしまいます。

交通事故での腰痛

交通事故での腰痛の特徴は様々な事が重なり完治までは長くなる場合があります。

主な腰痛の症状

  • 立ち上がると腰が痛い
  • 少しでも腰を曲げると痛む
  • 立ちっぱなしの作業等が困難等があります。

簡単に言うと身体のバランスが崩れることにより腰痛が発症してしまいます。しかもむち打ち時は約半数の方が腰痛も感じるというデータもありますので腰だけ痛い等の場合でも首周りもしっかりと治療するのをおすすめします。

交通事故による腰痛は早期治療をおすすめします!

交通事故が原因での腰痛はしっかりと施術を継続しない場合、何ででも痛みが再発する恐れがあります。その時は痛みは無くなったのに『なぜ再発するの?』と言いますと、しっかりと脊髄骨盤の配列が改善されていない場合がほとんどです。

痛みが余り無いからと言って腰痛の治療を怠ると、日常生活はもちろん仕事もままならなくなる場合もありますので、しっかりと早期に治療をおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です