交通事故時になる症状No1のむち打ちについて

むち打ちに遭われた方はご存知だと思いますが、日常生活がままならないほど、本当に辛い症状です。経験がない方は意外とその症状は実際わかりにくかもしれません。

むち打ちとは?

交通事故に遭い、よくむち打ちって聞くけど正直あんまり分からない・・・って言葉をよく聞きますが
正式には
頚椎捻挫(けいついねんざ)
外傷性頚部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)
と言います。

具体的にどういった原因でなるかと言いますと衝突事故などによる打ち身や捻挫・頭部損傷になる場合があります。
そして事故後整形外科などで診察してもらった結果先ほど出てきた、正式名称で診断書に記入されます。
難しい名前ですが、これば世間一般的に言われるむち打ちです!

むち打ちになる原因は?

事故によりより衝突や急停車などによる衝撃によって鞭のようにしなってしまう時に起こる総称です。
そして人間の役10%の体重が頭にあると言われます。
例えば70kgの10%の7kgを首が支えているという計算なります。
事故の衝撃でその重さが鞭が揺れるように首が振り回され痛めてしまうことが主なむち打ちの原因です。

むち打ちの症状

そして次はむち打ちが本当に辛いと言われる具体的な症状です。このむち打ちに症状は翌日以降に感じる事が多くあります。

以下がむち打ちに多い症状です。これの中でどれかに当てはまる場合はすぐに治療開始する事をおすすめします。

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 耳鳴り
  • 脱力感
  • 首筋や背中、肩の痛み
  • 手足の痺れ
  • 食欲不振
  • 脱力感

が主な代表的な症状です。
そして一番厄介な事がなんとむち打ちの症状は整形外科などの主な診断方法の外見やレントゲンでは判断がしづらいという事です。だからこそ、整形外科と同時に接骨院に通われる事をおすすめします。

交通事故以外では?

もちろん交通事故以外にも発症することはあります。お仕事中やスポーツをされている時もむち打ちになる場合があります。
少しでも痛みや違和感がある場合はすぐに整形外科、または接骨院で診察してもらってください。

なぜそこまで急ぐの?

むち打ちは放っておけば治ると思われてませんか?それは大きな間違いで、どんどん悪化する場合が多く慢性化する事により一生日常生活が辛くなってしまうためです。なので適切な治療を1日でも早く開始する事をおすすめしております。

治療方法は?

こめ接骨院の治療方法のモットーでもある一人一人に合わせた施術で手での施術をベースに電気施術などをおこない、早期完治を目指します!

治療期間は?

短い人では1ヶ月と短い場合もありますが長いと1年以上完治しない場合もあります。なぜこんなに幅があるかと言うと症状にもよりますが、多くは生活習慣に左右される場合があるからです。こめ接骨院では平均3ヶ月で完治される方が多いと思います。

後遺症

そして症状が固定となった場合は

後遺障害等級

に当てはまるか判断されることになります。

むち打ちの場合に認定されるのは7・9・12・14級の4つだけとなっております。

むち打ちについてまとめ

事故に遭いで首を痛めた場合は日に日に悪化する場合が多いのですぐに整形外科や接骨院で診察してもらう事をおすすめします。そして一般の人には一番わかりずらい交通事故などで怪我した場合に発生する慰謝料などは次回詳しく説明したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です