万が一交通事故にあってしまったら

交通事故後の対応について

交通事故にあったら、まずどうすればいい?

突然起きてしまった事故に、混乱しパニックになってしまうこともあるかと思いますが、まずは落ち着いて行動するようにしましょう!

警察への連絡や相手ぼ方との連絡先交換など事故状況の確認など、怪我をしてしまった場合は医師の診断を受けることが大切になります。

1.まず、警察に連絡しましょう。

加害者から警察への連絡は義務ですが、被害者(怪我をしている場合)は人身事故の届出が重要となります。そして、保険金請求などにも関わってきますのでご自身の加入している保険会社の担当の方にも連絡をしましょう。

2.事故の相手を確認しましょう。

まずは、相手本人の情報を確認しましょう。
住所、氏名、連絡先、加入している自賠責保険や保険会社の確認。

車両の登録ナンバーや相手が勤務中の場合は、勤め先、雇い主の住所、氏名、連絡先などの事故車両の確認。(勤務中に従業員が事故を起こしてしまった場合雇主も賠償責任を負う場合があるため)

3.目撃者がいるか確認しましょう。

もしも、相手の方とトラブルに発展してしまった場合には、第三者の意見が重要となりますので通行人などの交通事故の目撃者がいる場合は、氏名や連絡先など聞いておき必要であれば証人になってもらえるよう依頼しておりましょう。

4.事故状況の確認しましょう。

時間が経つと記憶は鮮明ではなくなっていってしまいます。
記憶が曖昧になってしまう前に、事故の経緯や事故状況などの記録や写真をしっかりと残しておきましょう。

5.医師の診断を受けましょう。

事故直後には、軽傷だと思っていても時間の経過と共に以外に怪我が重かったという場合もありますので、早急に医師の診断を受けましょう。(事故から時間が経って医療機関を受診しても交通事故との因果関係が認められない場合があるため)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です